Skip to content(本文へジャンプ)

Dolphin中国語事業部

情報管理について

事業機密の保護

事業秘密として指定する際、顧客情報とかではなく、「顧客データベースに記録された情報」「取引内容確認書(弊社顧客台帳)等」としてファイリングされる情報など、具体的なものとして、アクセス権のない者が触れてはいけない書類やPCデータの種別を明確化し、従業員、スタッフに徹底しています。

事業データの保護

東日本大震災後、ディザスタリカバリ(災害被害を受けたシステムを復旧する体制)の重要性が、多くの企業で注目されてきています。弊社ではデータの種別により、ハードディスク(再利用の可能性の小のデータ)、CD (再利用の可能性の中のデータ)、スティック (再利用可能性大のデータ)、紙データ(最小限のデータ)とランク別に保管しています。

システム・セキュリティ関連の情報の保護

弊社は専用サーバを使用し、ウイルス対策ソフトウエア、ファイヤーウォールの使用、及び、各スタッフ使用のP.Cに暗証番号の設定を義務づけています。お客様が汎用サーバ経由で送受信される場合、データ盗難時も容易に開封できないように「暗証番号設定」をお勧めしています(→詳細はお電話0422-23-6375でご相談ください)。

守秘義務について

守秘義務誓約書

弊社の翻訳者、校正者、その他スタッフは、各業務に必要な範囲の最小限の情報にしかアクセスできないようになっています。又、すべての社外スタッフへ守秘義務誓約をお願いしています。 又、お客様が守秘義務に関する誓約書等をご希望の場合は、必要書類に著名し、返送させて頂きます。尚、犯罪調査等を目的し、警察当局等により情報開示を求められた場合は、上記適用外とさせて頂きます。

個人情報について

個人情報保護方針

お客様が、弊社へ提供される「個人名」「自宅住所」「生年月日」「自宅および携帯の電話番号」「個人使用のeメールアドレス」「ご利用されたサービスに関する情報」「ご回答頂いたアンケート内容で、個人を判別できる情報」及び、「複数の情報を組み合わせ、個人を特定できる情報」を第三者へ開示しないことをお約束します。

個人情報の取得

弊社は、個人情報を、その利用目的が明確なものに限定し、業務遂行上必要な範囲内でご提供戴きます。

個人情報の利用

弊社は、あらかじめ個人情報の使用目的をお客様側に明示し、お客様側の意思でご提供を頂いた場合に限り、業務遂行に必要な範囲に限定して利用させて頂きます。

個人情報の第3者への提供・開示

弊社は、下記の場合を除き、第3者へ個人情報を提供・開示することは致しません。

  1. 事前にお客様の了承があった場合
  2. 個人を識別できない状態で開示する場合
  3. 警察、公安当局の開示依頼のある場合

2014年8月1日 株式会社ドルフィン 代表取締役
小笠原壽男