Skip to content(本文へジャンプ)

Dolphin中国語事業部

中国語を使用する地域には台湾、香港、マカオ、シンガポール、マレーシア等がり、その重要性は大きいと思われます。又、言語のバリエーションが多く、その対応は、英語(標準イギリス英語、Oxford English、アメリカ英語の3つ)と比べても多く複雑ですが、英語にあってもインド英語等が異形みなされる様に、国際的には、中華人民共和国(簡体字)、台湾(繁体字)の2種類が標準とされています。中華人民共和国は香港(中華人民共和国の特別行政区)でも簡体字の使用を強制していますが、現在のところ、繁体字が主流です。又、ここでの繁体字は台湾のものと異なる異形言語となっています。弊社、中国語事業部では、中華人民共和国、及び台湾の「各標準言語」を使用して、中国語翻訳、校正をおこなっています。又、テープ起こしに関しては7大方言(北京語、上海語、広東語、台湾語、湖南語、江西語)のすべての発音に関して、相当程度まで、ご対応可能となっています。現在、中華人民共和国の翻訳会社がインターネットを利用して日本国内で数多く営業していますが、その背景となる中国語は様々ですのでご利用にはそれなりの知識と注意が必要になります。Dolphin中国語事業部では、標準語である2種類の中国語で翻訳、校正を承っていますのでご安心してお任せ頂ければと思います。

会社概要

会社名 株式会社 ドルフィン(国際名 Dolphin Corporation)
所在地 〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-20-1 吉祥寺永谷シティプラザ1005
電話 (0422)23-6375
ファックス (0422)23-6376
代表取締役 小笠原 壽男
創業 1995年4月(法人設立: 2001年11月)
事業内容
  • 技術資料・法律文書・医学原書・研究論文等の翻訳
  • 各種会議・学術講演のテープ起こし、ホームページの翻訳・作成
  • 上記に付帯する一切の事業
資本金 10,000,000円
取引銀行 三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行
契約翻訳者 50名(米国、英国、カナダ、豪州、日本、中国、台湾)
契約校正者 8名(日本在住の米国人、英国人、中国人)中国語事業部専属2名
営業時間
(フレックスタイム制)
お電話、ご来社は月~金 11:00~17:00(営業日のコアタイム)(土日、祝日、年末年始を除く) でお願いします。
E-mail: trust@dolphin-tr.com
	本社 吉祥寺オフィス 	本社 会議・応接室 取扱説明書翻訳・編集
本社 吉祥寺オフィス 本社 会議・応接室 取扱説明書翻訳・編集

アクセスマップ

JR中央線、京王井の頭線 吉祥寺駅北口徒歩3分 ※打ち合わせの際は、事前に予約を受け付けております。
	地図