英文添削(日英対照の校閲)

2023年4月1日改訂

英語ネイティブに「意味不明で校正不可」と指摘された論文もお任せください。日本語堪能な米(英)国人研究者と、英語堪能な日本人研究者が共同で英文添削をおこなって修正します。AIで翻訳されてから、ご自身で修正されても納得できるレベルに至らなかった論文でも問題ありません。

80%のリピート率(2022年調査)が信頼の証です。

英文添削-その賢い利用法-

英文添削は米(英)国人研究者が理解できる英語論文を書くことが困難と思われているお客様への特殊サービスです。ネイティブと日本人が共同で、日本語内容にあわせて英文を校正するサービスです。

研究論文の日英翻訳は、品質を求めると、どうしても高額になってしまいます。これは、翻訳会社で専門用語等を調査するのに、時間がかかるためです。もちろん、格安の翻訳会社もあります。その場合、英訳受領後、お客様側で多くの用語や表現の訂正が必要になります。そのような余計な手間を考えてみたとき、弊社の英文添削の優位性が明らかになります。

弊社の英文添削では、英訳と異なり、専門用語のチェック(契約書のplus仕様を除く)はお受けしていません。そのかわり、弊社の調査手数料相当分を減額「英訳と比べ約30%安い価格」で、同等の結果をご提供できます。弊社スタッフのかわりに、お客様が専門用語と固有名詞をご提供されるような意味合いです。

実際の作業手順としては、日本語と英語の原稿をご送付いただきます。まず、弊社の日本人添削者が、あらゆる点において日本語内容を優先しながら、お客様の英語論文を「欧米ネイティブが読んでも誤解されない程度まで」の基本的な訂正をおこないます。この時点で、標準的な英文校正の依頼原稿のレベルになります。そのあと、通常の英文校正エキスパートの作業をおこないます。本サービスは、高品質な日英翻訳を求めると、どうしても高額になりがちな、研究論文に関してご利用が増えています。

お客様のご提供される英文に関しては、文法的な破綻は、こちらで直しますので問題ありませんが……英語の専門用語及び固有名詞の選択にはご配慮を、お願いいたします。同時に、日本語の方の論文には間違いがないように点検を念入りにお願いいたします。
(注)日本語原稿の校閲は契約書の「英文添削plus仕様)」のみとなります。

料金

¥3,300/200文字(消費税を含む) ※投稿規程の確認作業を含まない

再校閲: 論文全体の再校閲をご希望の場合は、変更内容とその程度により割引価格とさせて戴きます。

特別作業

お客さまの英語論文が"Instructions for Authors"(投稿規程)にあっているかどうかが、不安な方のために点検と修正を別料金(+¥100/200文字)でおこなっています。

添削料金 +¥100/200文字(消費税を含む)

品質保証/免責事項

弊社で英文添削済みの原稿は、オリジナルの日本語に破綻がなく、意味不明瞭な箇所がなければ、そのまま使用できます。しかしながら、日本語原稿の方に不明瞭な箇所があった場合は、弊社としては「拠り所を失う」ことになり、正常な作業が困難になります。又、専門外の翻訳者の英語論文の翻訳で、ご使用されている専門用語や専門的表現に不備がある場合は、英文添削の修正は困難となります。そのような場合は、英文を添付しないで、翻訳(英訳)でのご依頼をお願いします。又、英文添削は、日英翻訳から専門用語の調査料金等を差し引いた定価設定となっています。こちらのサービスは、あくまで、英語の苦手な、専門分野の研究者や技術者の研究論文の作成のお手伝いをするものです。DeepL logo 翻訳ツール等を使用された場合は、ご自身で専門用語が正しく表示されているかどうかご確認の上、必要であれば訂正してからご依頼くださいますようにお願い申し上げます。

経験分野及び実績(割愛)

・物理学、機械工学、歴史学、比較文化、作業療法、契約書等。

2022年12月19日より、ご要望の多かった契約書の英文添削を開始しました。英文は固有名詞(社名、人名等)はできるだけ正確にお願いします。その他は弊社で対応させて戴きます。又、定義抜け等は弁護士又は行政書士がコメントを付記しておきます。

日英対照の添削作業のご依頼のほとんどが大学、研究室等ではなくて、弁護士の個人事務所、個人病院、クリニック等であり、実績を公開するとお客様が特定できる情報になってしまうので割愛させて頂きます。